FC2ブログ

あさぎしょこら。

ひっそり一人で生きてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

一周年のアニバーサリー 

―――あら、ようこそ。
最後のお客様は、貴方のようですね。
ええ、他のお席はもう全て埋まっておりますよ。

チケットを拝見いたします…はい、有難う御座います。
どうぞ、お席にお座りになってお待ちください。
ショーは、もうすぐ始まりますから―――

・・・。
文字色

はいこんにちは。
「あさぎしょこら。」は11月3日で一周年を迎えました。
そのことに何と今日気付いたので、とりあえず記事を書いてみることに。

「なにコレ?」と思われた方も多いかも知れませんね。
今回の絵は、サーカスがモチーフです。

表向き(今回の記事用に慌ててでっちあげた設定)は、
一周年を祝う…まあ、記念公演のようなものですね。
そのショーが、これから始まるところなんです。
そんな感じですね。うん。

本当の設定はめちゃめちゃ暗く、ご不快に思われる方もいらっしゃるかもしれませんので、
お読みになる場合は反転でお願いします。↓

このサーカスは、不思議なサーカス。
突然目の前に現れて、華麗なパフォーマンスを繰り広げる。
でも、観客は、自分ひとり。
歓声は上がるけど、拍手も起こるけど、誰もいない。誰の姿も見えない。
どれだけの間、ショーを見ていたのだろうか。
僕を出迎えた、あの女の団長が言った。
「次が、本日最後の演目です。見たことのない世界、貴方が知らない世界を、お見せしましょう」
そして、僕を真っ直ぐに見つめる。
僕がゆっくりと立ち上がり、団長のそばまで歩いて行くと、団長は僕ににっこりと笑いかけた。
「では、目を閉じてください」
言われるがままに、僕は目を閉じた。いつの間にか、観客の声はぴたりと止んでいる。
「…そう、そのまま、集中して。目を開けないで、そう…」
団長の声が、ゆっくりと遠ざかっていく。
そうして徐々に見えてきたものは…
「…母さん…?」
それに、父さんも、兄さんもいる。
「これが…僕が知らない世界?」
違う。僕は、父さんと母さん、それに兄さんを、家族を知っている。
これは、僕の知らない世界じゃない。
「でも…」
何かが、おかしかった。
何故って、父さんも、母さんも、兄さんも、みんな泣いているのだ。
父さんたちがいる場所は、どうやら病院のようだった。
母さんが、誰かの手を握っていることに気付いた僕は、その手の主に視線を移した。
「…!!!」
その手の主は――――
僕、だった。

では少々補足を。
何だか暗いストーリーですね…自分で書いたくせに。
もうおわかりかもしれませんが、この「僕」は、死んでしまった少年なのです。
しかし、少年は自分が死んだことを知りません。
そんな時、ふいに彼の目の前に現れたのが不思議なサーカス。
このサーカスの見えない観客は、過去に死んだ人々の魂です。
そして、最後の演目、「知らない世界」を見せるというのは、
自分がいなくなった世界、自分がそれまで生きて来た世界の「今」を見せるということ。
そう考えると団長さんは、悪魔的な何か、なのかも知れませんね。
彼女に悪意はありませんが。
…と、そんなところです。
ていうか一体何を補足したんだ今。
補足になってねえ。

はい。
以上が、本当の設定でした。長い。
こんな感じで暗~い話もたまにするとよたまですが、どうか見捨てないでください。
とりあえず、おめでとう私!有難う皆さん!!
これからも「あさぎしょこら。」をよろしくね~~~~!!!
スポンサーサイト

2013/11/21 Thu. 22:12  edit

Category: イラスト

tb: 0  |  cm: 2

top △

コメント

とよたまさん、こんにちは!

1周年、おめでとうございます!

遅ればせながら、記事と絵をじっくりと拝見させて頂きました。

とても興味深く、今までとよたまさんの絵を見て「何だろう。何でこんなに惹かれるのだろう」と思っていた理由がわかったような気がします。

ボクは常々、この世は修行の世界で、試練は乗り越えるために与えられるものと思っています。

そして最期のときは、笑顔で青空を見上げていられたらなあって思っています(おっとやばい、コメが暗くなるぜ)。

とよたまさんの絵の向こうにあるもの。

これからも見続けさせてくださいね!

今後ともよろしくお願いします!

またお時間のあるときに是非コラボを。。。

Omunao #- | URL | 2013/11/24 06:52 | edit

omunao様

こんにちは、コメント有難う御座います。

私の絵の向こうにあるもの…
この言葉は、なんだかとっても胸に響きました。
今の私は、「貴方の絵の向こうにあるものとは何ですか?」と問われたら、
きっと答えることが出来ないでしょう。
でもいつか、答えられればいいな、と思います。
描くということは、その向こうに何があるのかを追い求める、
そういうことでもあるのかも知れませんね。

そして、コラボ!!!
有難うございます!是非に!!
きゃー、うれしーーー!!!!!

こちらこそ、これからもよろしくお願いします!!

とよたま #- | URL | 2013/11/24 19:49 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanamehodumi.blog.fc2.com/tb.php/44-2820cc1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。